恋する肉奴隷ちゃんの無料立ち読みはこちら

恋する肉奴隷ちゃん

恋する肉奴隷ちゃん
作者:天野ちぎり
全1巻

恋する肉奴隷ちゃんは、電子書籍サイト「Handyコミック」で無料立ち読みできます。

>> Handyコミックで無料立ち読みする <<

Handyコミックにアクセスしたら「恋する肉奴隷」で検索して下さい。

恋する肉奴隷ちゃんのあらすじ

野獣(一太)はもう何年もたった一人のお姫様(理々)が大好き。

だからどうしても手に入れたくて、お姫様を犬に変える呪いをかけました。

「浜田理々!!お前は今日から俺の肉奴隷に決定!!」

それは桜咲く春の珍事。

浜田理々はこうして西城一太の奴隷となった。

犬にされたお姫様は野獣にとてもなついた。

でも一太は理々を愛しく想うあまり、理々は一太を可愛く想うあまりに、お互いが思うように上手くいかないことも。

一太は、理々がなんでこんなにも自分に尽くすのか、もしかして命令されたら誰でもいいのかと不安になり不機嫌に。

一太が不機嫌な理由がわからなくて、頑張っても頑張っても空回りしてしまう理々。

だけど、素直に気持ちをぶつけてみれば、自分はこんなにも一太が、理々が、大好きなんだ、隣にいなきゃダメな存在なんだと再確認する2人。

それからは困難があっても2人で乗り越えるし、幸せなことがあれば2人で喜びます。

どれだけ一緒にいても「大好き」が減らない2人。

いればいるほど愛しさも可愛さも増して、余計に離れられなくなる2人。

そんな2人の夢は「ガンコおやじとおかみさん」になってお料理屋さんを開くこと。

恋する肉奴隷ちゃんの登場人物

西城一太(さいじょう いった)
子供の頃に初めて理々を見てから理々が大好き。
それからというもの理々に近づく男どもを蹴散らして蹴散らしてしていたら、いつの間にか不良やら鬼やらとして扱われていた。
それがなくとももともと気性は荒く、不器用。
ナツと双子の弟で、母親は美佐子。
美佐子のお客さんの田中さんの焼鳥屋で働くことになった。

浜田理々(はまだ りり)
「奴隷になれ」って言われた時「好きだーっ」て言われた気がして、すごくすごくかわいく思って、気がつけば一太をぎゅーって抱きしめるような子。
天然で素直で一太にド一途。
「すぐやきもち焼くのがかわいい、口唇をとがらせて照れる顔がかわいい、つむじがふたつあるのがかわいい、あなたの頭をあたしだって思いきりなでてあげたい」って一太に思ってる。
どんなに一太に怒られても、抱きしめたいと思うのをやめられない子。
箱入り娘で、ぽっちゃりした優しいお父さんがいる。

ストーカーおやじ
理々のストーカー。
理々が小さい頃から理々に付きまとっているが、理々が気付く前に一太に半殺しにされる。
一度理々を拐うことに成功するが、またあっけなく一太に捕まる。
一太のことを悪魔だと思っている。

ナツ姉(なったん)
一太の双子の姉。
理々の良き相談相手。
時々理々に良からぬ情報を吹き込んで、一太の反応を見ては楽しんでいる。

美佐子(みさこ)
一太、ナツ姉の母。
2人を産む前に旦那は事故死。
今までずっとシングルマザー。
スナックを経営している。

田中さん
焼鳥屋「近松」のオーナー。
美佐子の知り合いで、働きたい一太を受け入れてくれることに。

尾藤(びとう)さん
近松の社員。
この人の恐い顔と悪い口が数々のバイト、社員をやめさせたが、一太は平気。
むしろ尾藤さんとやり合うぐらい。

恋する肉奴隷ちゃんの感想

「恋する肉奴隷ちゃん」ってタイトルからは想像つかないぐらいほわーんとした内容で癒されました(*´∇`*)

一太は不器用だけど男らしくて頼りになるし、理々は天然だけどほんとに素直でとってもいい子だし、愛し愛されの理想のカップルです。

ただ2人とも、ほんとに漫画限定キャラで、リアルには絶対いないけど。笑

P150の「どれが喰いたい?」の一太のニッて笑った顔と、理々が一太の肩にヨダレ垂らしてるとことか。

P167の「よしこいっ」「いきますっ」のやりとりと「いらっしゃいませとか言ってみろ」 て言ってる時の一太の理々の抱きしめ方とか。

ほんとにお互いが大好きなんだなって感じが出ていて、めっちゃ好きなページでした(〃ω〃)

理々がほんとにめっちゃ可愛くて、癒されすぎます。

P85の一太と理々の出会いの「理々の名前は理々っていいます。」とかやばいぐらい可愛い。

一太が、見たことのない生き物だ、としっぽ巻いて逃げてしまうのも無理ないです(*´∀`)

理々がよく、一太のことを「可愛い人」とか「私の可愛い一太ちゃん」とか言うんですけど、そう言ってる理々がもうめっちゃ可愛いくて、一太があんなにも溺愛するのがわかる!

お互いに大好き合ってるカップルの漫画ってよくあると思うけど「恋する肉奴隷ちゃん」は、そのタイトルだけあって他のそんな感じとは違ってました。

個性強烈な2人なんだけど、お互いの個性がぶつからずにちょうどいい感じに調和してて、独特な世界観です。

一途な強面ヤンキー好き、天然フワフワ女子好きな人におすすめ!笑

恋する肉奴隷ちゃんの無料立ち読みは、Handyコミックにアクセスし「恋する肉奴隷」で検索して下さい。

>> Handyコミックで無料立ち読みする <<

コメントを残す