MENU

仕事に集中したいから別れるの裏に潜む彼の本心とは?

「仕事に集中したいから別れる」。このような理由で彼氏の方から別れを切り出され、関係を終わらせることになるカップルは多いものです。

 

でも、そんな風に別れを切り出された方からしてみたら、正直「それって本当の理由なのかな・・・?」と疑ってしまう部分もありますよね。

 

男性には本当に仕事に集中したい時期もありますし、本心からやむを得ず彼女との別れを選択する人もいます。

 

でも、実は仕事に集中したいから別れるというのは口実で、その裏には何らかの理由が・・・ということも考えられないことではありません。

 

もし、仕事に集中したいから別れるというのが本心ではなかった場合、その本心の裏には何が隠されているのか?可能性として高いものを3つご紹介します。

 

@あなたの相手に疲れた

仕事を口実にして別れを告げる本心で多いのは、あなたの相手に疲れてしまったということです。

 

仕事で疲れているにも関わらず彼女に振り回され二重で疲れるのであれば、自分の身を守って仕事を優先させるため「仕事に集中したいから別れる」と言っても不思議ではないでしょう。

 

あなたは彼が仕事で疲れていたり、仕事が大事な時期にも関わらず、必要以上に依存してしまってはいなかったでしょうか?仕事を頑張りたい彼氏に過度な甘えや構ってアピールは逆効果なのです。

 

彼にもそれでも情はありますし、なんとか構ってはくれていたものの、本心では「もう疲れた、別れたい・・・」と思いを募らせていたのかもしれません。

 

Aあなたへの気持ちが冷めてしまった

彼の本心としては、単純にあなたに対する気持ちが冷めてしまったということも考えられます。

 

ですが、「もう気持ちがない」なんて率直に言えない男性も多いです。

 

だからこそ、なんとか傷つけないようにと思って出てきた言い訳が、「仕事に集中したいから別れる」です。要するに仕事はただの方便ということです。

 

「仕事に集中したいから別れる」が本当なら良いのですが、もしただの方便で、本心の気持ちの冷めを隠されているのだとしたら悲しいですよね。

 

しかし、それを問いただしても彼を困らせてしまうだけなので、貴女にも何か原因がなかったか振り返ってみるべきでしょう。

 

反省点があるなら、それを改善していけば、彼とやり直すチャンスもあります。

 

B他に好きな女性がいる

男性が別れたい本心を隠す理由は、相手を傷つけないためか、もしくは後ろめたい事実があるかのどちらかである場合が多いです。

 

もし彼に他に好きな女性ができてしまった、もしくはもう既に浮気をしているのだとしたら、なんとか心変わりの事実を隠しながら円満に別れようとしているのかもしれません。

 

もちろんこの場合も「仕事に集中したいから別れる」というのは方便になります。ただ、最悪なのは、このケースでは彼は自分の保身のために嘘をついているということです。

 

本心で仕事に集中したいのなら、前兆として仕事への意識の変化があってもおかしくはないはずです。でも、嘘をついているのなら、おそらくそんな変化はないでしょう。

 

むしろ「他に女がいるのでは・・・?」と思えるような変化があるかもしれません。彼に怪しい変化がなかったか今一度思い返してみてください。


メニュー

このページの先頭へ