MENU

復縁成功エピソード集!私はこうして彼とよりを戻しました

彼と別れてどんなに時間が経とうとも、彼への想いが強ければ強いほど「やっぱり彼が好き!どうにか復縁したい!」と思うものです。

 

でも、どうしたら復縁が上手くいくのか分からず、「復縁できた人はどうやって成功したんだろう?」と他の人の事例が気になったりすると思います。

 

そこで今回は、復縁を成功させた女性たちに復縁成功エピソードを伺いました。

 

こちらを読んで少しでもあなたの勇気になったり、参考になりましたら幸いです。

 

@仕事の悩みを相談したのがきっかけ

ゼミの仲良しグループで一緒だった彼。

 

もともと「友達彼氏」のような存在で、何でも気軽に相談したり、ふざけたり出来るところがとっても大好きでした。

 

でも、大学卒業と同時に就職で離れ離れになることになり、自然消滅・・・。

 

ただ、グループでの付き合いもあったし、別れ際に特に揉めたわけでもなかったので、緩やかな関係が3年くらい継続していました。

 

ある日、私は所属部署から異動になり、初めて営業を担当することに。

 

慣れない業務の中でプレッシャーに押しつぶされそうになりながら働いていると、彼がずっと営業で成績を残しながら働いていることを思い出したのです。

 

最初は全く復縁したいなんて気持ちもなく、「仕事のことで相談したいことができたから会えないかな?」って連絡してみました。

 

すると彼も私の深刻そうなトーンを心配して、久しぶりに二人で会う機会を作ってくれたのです。

 

個室の居酒屋さんで私の仕事の悩みを真剣に聞いてくれている彼を見ていると、「友達彼氏」だったあの時よりずっと男らしく、頼もしくなっている彼に魅了され「復縁したい!」という気持ちが強くなりました。

 

そこで私は思い切って彼の職場の近くに異動願いを出し、それが叶ってからは職場帰りに彼と気軽に飲みに行ける関係に。

 

当時、彼には別に付き合っている彼女がいたようなのですが、仕事の話をすると怒ってしまう彼女だったようで、私と話していることが楽しくなったのか彼の方から「彼女と別れるから付き合ってほしい」と告白をしてくれました。

 

思い切って再度距離を詰めたことが復縁成功につながりました!

 

A同窓会で再開したのがきっかけ

高校生の時に付き合っていた彼とは、大学受験のためにお互い勉強を進める内に、だんだんと一緒にいる時間が少なくなりました。

 

きっかけは些細な口論だったのですが、その時はお互いに喧嘩の仲直りの為に時間を割く余裕すらなく、「お互いのため」という理由で泣く泣く別れたのです。

 

大学受験が終わっても、それぞれの人生を歩んでいく中でだんだんと思い出になっていったのですが、思い出の曲を聞いたりするとやっぱり彼のことが忘れられない私。

 

24歳になった年の夏に地元で同窓会が開催されることになり、心のどこかで少し期待して参加してみました。

 

周りの同級生から押し出されるようにはやされながら近づいてきた彼は、少し苦笑い気味でした。

 

その日はなんとなく周りの目も恥ずかしかったのであまり話せなかったのですが、後日グループラインで彼の連絡先に思いっ切って「懐かしかったね!」とメッセージを送ってみました。

 

すると、そこから今の仕事の話に繋がり、同業だったこともあって話が盛り上がり後日二人で会うことに!

 

二人で会っているとやっぱり好きだったあの頃を思い出して、私から「もう一回付き合えないかな?」と告白してしまったら・・・結果は大成功!

 

復縁からもう2年経ちますが、今もラブラブで、今年の冬に結婚予定です。

 

B自分磨きを頑張っていたら彼から

1年間お付き合いしていた彼はとっても社交的で友達の多いタイプでした。

 

フットワークも軽く、私のデートより時には友達や仕事仲間の予定を優先されることも・・・。

 

自分に自信のあるタイプだったので、そんなことをしても私に嫌われないと思っていたのでしょう。

 

悔しかったのですが、彼のそんな勝手なところすら魅力に感じていた私には、何もできませんでした。

 

そして、ある日突然理由も分からなく振られてしまった私ですが、それからは一旦自分磨きにとことん時間とお金を費やしました。

 

痩せて、化粧も頑張って、前よりも社交的になるように努力しました。そんな私の噂をどこかでかぎつけた彼から連絡が・・・。

 

「元気?」と彼から連絡がきた瞬間、正直勝ったなと思いました(笑)

 

その後、何回か会う内に彼から告白していただき、今ではすっかり彼の方が私にぞっこんです。

 

まずは自分が魅力的になるんだと、焦らず行動したことが復縁成功への道筋だったのだと思います。


メニュー

このページの先頭へ